10年ぶりに燃える2015年05月19日

最近ネットをやってると、懐かしいタイトルをよく耳にするなぁと思ったら…
先月から新作アニメの配信が始まっているのを教えてもらいました。
聖闘士星矢、黄金魂。
タイトルからしてもう、どこにスポットが当たっているのか一目瞭然じゃないか…俄然興味が湧いてきて、今までの回をまとめて見たところです(まだ3話です)

10年くらい前に、友達の家でハーデス十二宮編のDVDを見せてもらったのが、星矢との出会いでした。
物語の途中から途中まで、っていう断片的なアニメだったけど、面白かったので原作漫画を買い揃えて、当時出てたPS2のゲームも頑張って遊んだりして(格ゲーへたくそなのに!)一時期ハマってたのでした。
導入がハーデスだったせいか、主人公より黄金の12人が大好きになってしまった。

で、今回の新作のアニメ。冒頭のシーンがいきなり泣ける過去の名シーンだったもので、ちょっとだけ気が向いて、アニメ動画サイトでハーデス十二宮 編を見直してみたら、OPで昔に味わった感動の扉が一気に開いて感極まってしまいまして。休日まるっと使って冥界、エリシオンとラストまでイッキ見してしまいました…(そしてお葬式モードへ)
通しで見ると基本的にOPはどれも熱血戦士系なのに、十二宮編だけは切なさが前面に出てて余計に特別感。
原作の良さをより盛り上げるアレンジが施されていて文句なしに良いアニメでした。スタッフロール見るとこのOVAシリーズのゴージャスさが判る…作画監督キャラデザの大物がガッツリ原画も担当されてるので、画がすごく綺麗。キャストが一部で不評らしいですが、私は声優さんに拘り無いので全く問題なし。

当時は当時なりに、熱く切ない展開のストーリーを楽しんでたと思うのだけど、今見るともう少し掘り下げてしまうというか、前には感じなかった魅力的な箇所がどんどん出てきて、前以上に面白く感じる。普通に考えると私は双子座の兄弟にハマりそうなのになぁ。実際かなり好きだけど。昔と同じくやはり私 は12人の中では牡羊座のムウが一番お気に入りのようだ…自分の感情よりも思慮を優先させる、強くて優しい羊さん。
自分の星座担当の聖闘士を応援したいトコなんですけど、アイオロスなので「とにかくまずは登場してくれ」以外に言いようがありません…(慟哭

話は戻って、黄金魂。ストーリーはアニメオリジナルですが、各キャラのらしさがとても良く出ていて楽しめます。絵柄が少し変わって、昔のアニメの 濃厚な美しさと迫力が薄らいでるけど、当時のスタッフが亡くなってるのもあり、今風の絵柄になるのはまぁ…というより荒姫コンビが素晴らしすぎたのだ。も うコレはしょうがない。
BGMがたいへん良い曲揃いなので担当を調べてみたら、ハンターハンターのアニメの人だったのね!(これも大好きだった)納得。

これから2週間おきに見る楽しみが増えました。

リスペクトさん2011年03月03日

前回の日記にひきつづき、自分の中にいるボスの話。
ボス…もとい、各々自分の現実を苦しめる、固定された思考パターンと対峙する「戦友」は
私の周囲に何人かいらっさるのだけど、そういうコトを漫画という表現手段で
説明しつつ世に発信している方がいる。

松本英子さんとゆーイラストレーター兼漫画家さん。
ブレイク中の漫画「聖★おにいさん」を連載している「モーニングツー」で
おにいさんと並んでずっとロングラン中のマンガ「荒呼吸」を連載されている。
おにいさんも面白いけど、コレ目当てで毎月モーニングツーを買ってるようなものです。
モチロン単行本も購入済です。描き下ろしもあったりして面白いです。
カンタンに要約すると、著者の日常生活をネタにしたいわゆるレポモノの漫画で
たべものや、住んでいる町のこと、旅行、趣味、ペットの話題が多いのかな。
そこに時々、それを交えつつ彼女の「対峙」をテーマにした話が描かれていて
そのたびに私はいつもより余計に食い入るように読んでしまうのです。
私が普段自分の中身を探るときは、サクラさんちのマインドパペットをベースにした
箱庭の住人を活用しているのだけど、彼女は彼女なりに、独自の方法で探っておられるよう。
しかしその内容はとても、マインドパペットのそれににている。
原因不明の心身の不調が表に出てきてどうにもならないとき
治癒を「外からもらえる何か」ではなく「自分のなかで訴えているなにか」に求め
自らその中に飛び込み、掬い取り、救いあげる。

平たく言えば箱庭も、彼女のなさってることも、自己分析とか、自己実現と言えるのだけど
こういう言葉を使うと向上心が高いとか、勉強熱心な人のように聞こえてしまう。
でも、本人にとってはそういう張り詰めた目的はなくて、ラクになりたいからしているのだと思う。
少なくとも私は、ラクになりたいから対峙している。

抜け出せない無間地獄のような嫌な現実を、どーにかしたい。同じことで苦しみたくない。
グチったり、誰かのせいにしたり、見ないフリをしていても、それは先延ばしにしているだけで
実はなにの解決にもならない。解消するカギは外でなく、自分の中にあるのを知っている人。
「対峙」にはドラマティックな展開もないし、傍からみたら非常に些細で
ときに馬鹿馬鹿しくさえ見える。しかし本人にとっては、世界を変えるほどの大仕事なのだ。
だって、自分が変わった瞬間、現実世界も変わるのだから。
そういう意識の共有ができる、数少ない戦友として、勝手にリスペクトしております。松本さん。

うさぎさんクラスチェンジ2010年11月10日

やや暇が出来たので、渋谷で外回りの仕事の合間に
来年のカレンダーや手帖の調達や、ネカフェに立ち寄ったりしていました。

Waltzの雑誌掲載を一旦追いかけだしたら、単行本出るまで待てなく…
だって月刊誌、単行本出るの遅いんだもの…
というワケで、今日の日記はゲッサン掲載のWaltzの話題。
単行本派の人はネタバレ全開なので回れ右を推奨するよ!





ネカフェでゲッサンしばらく見てなかったので、読み逃した分がないか
ヒヤヒヤしましたがバックナンバーギリギリで逃さず読めました。
数日後には最新号発売なのですが先月号までしか読めなかったので
感想は先月号までのものです。

まず感想の方。
蝉がアタマひっつめた!!!!
今までボサボサアタマでしたが、魔王時代の蝉になったーーーーー!!!
やっぱりボサボサよりひっつめのが蝉って感じがします。カッコイイ!
アレかな、まだまだ一応ってレベルだけど、プロになったよっていう象徴・・・なのかな。
魔王の蝉はプロですからね。
ひっつめ姿のが断然好きなので、これからますます楽しみになってきた(笑

肝心のお話、先が読めないドキドキ&蝉の成長&岩西の男気という
アツい展開でもちろんたいへん面白いのですが暫く離れていたせいで、私が
主人公コンビとその他の人&組織の因果関係を忘れてしまっていて
困った・・・特に首折りと帽子卿。単行本でおさらいだな・・・

次ツッコミの方。
蝉にウサギの服そんなに着せたいか岩西。しかももふもふ度がパワーアップしておる・・・!
靴下とか首輪とか小物がいちいちヤラしいよ岩西!ばか!!
最初に服を買ってきた時からアヤシイとは思ってましたが2度目なので確定です。
そうか岩西は蝉にウサギの格好をさせたいのだね。この変態めが!!!

というかまぁこういう服選びを始め蝉のツンデレ描写だの
(個人的にはちょっとやりすぎだろとドン引き気味)
ってのは、漫画担当の大須賀氏のシュミなのか
それとも原作の伊坂氏のシュミなのかどっちなんだろうねぃ・・・
ビジュアルだけならともかく、セリフやキャラのやりとりもそんななんで
自分ではどっちのシュミなのか読んでるだけでは測りきれんです・・・
まさか両方じゃあるまいな(苦笑

ギガミックス!2010年09月25日

ながいながーい時を駆けた有賀版ロック漫画が完結!
というコトで、ネカフェで読んで好きになってしまったのもあって
ギガミックス1~3をネットで注文しておいたのです。
3は月末発売だから、3と合わせて1と2も発送してねって
言っておいたのに…どうして発売3日前に
3を残して1と2を発送するの?しかも代引きで。
あまぞんばかなの?しぬの?

とりあえず気を取り直して1と2だけ読むことにいたしました。
一冊1200円って高いなぁと思ってたんですが
箱開けて納得。大判にカラーピンナップにゲストページに・・・
すごく贅沢な本でした。

最初にメガミックスの紹介のようなページがあるんだけど
アレ・・・読んでない話がある・・・?
私がネカフェで読んだメガミックスはボンボンコミックスで・・・
ここに紹介されてるのはもしや、加筆されてる?表紙の絵も違う。
しかも山田氏(ロクゼロBGMで惚れた!!)のコメントって・・・!
・・・・・・ギガミみたいなおっきいメガミがあるということですか。
うわぁどうしようちょう読みたい。

このシリーズは読むとワイリーナンバーズがどんどん好きになっていきますね。
スペースルーラーズ登場→ライト&ワイリー共闘な展開は燃える。
コピーロックの話でシャドーさんの男前っぷりに惚れてたので
ギガミの展開はもう・・・一層ツラい・・・(涙
アルバイターのホスピタリティ(笑)の高さには感動した!

そしてライト&ワイリーの喧嘩と回想シーンには唸った。
えっと・・・ロボットに心が入っているっていうのはゲーム公式?
こういうトコは本家遊んでない自分が悔やまれる・・・
ここまで世界中のロボたちが動いてくれてるトコを見ると
この先の未来で語られる、レプリロイドに託される夢って
もう叶っちゃってるような気がするんだよね。
まぁ、漫画版なんだしそこは割り切って読んだほうがいいか。

それにしても・・・こんなに優秀なゲームのコミカライズを
私は他に知りません。自分の中では上田版バロックが今までの
ゲーム漫画で最上級だったんだけど、有賀版ロックはそれに並ぶかも
いや、もしかすると・・・?

もう少し追いかけた2010年09月12日

偶然拾った武器に何かデジャヴを感じるゼロさん。

前回ネカフェで読みきれなかった岩本版Xの漫画を読んできました。
前の分は半分寝てたので、1から読み返し最終巻まで。

X4の2巻で完結って事になってるっぽいけど
これあからさまに打ち切り・・・。
収拾をつけた上での打ち切り終了じゃないよね?コレ・・・
めちゃめちゃ盛り上がってるトコで寸断されてる。続きはぁ~!!
当時の掲載誌にいったい何が起こったんでしょう。。。

個人的に2の終盤は燃えた!&なごんだ!
ぜひオーロラの下で長い時間おしゃべりをしていただきたい。
3と4が読みやすくてお気に入りです。
赤青コンビの仲良しぶりと息のあった戦い方はがほほえましい。
・・・だけに4の仲違い展開がすごいハラハラするのに!してるのに!
なぜそこで終わる4。ふんぬう。

以下感想大雑把に箇条書き。
・イーグリード周りの話が全体的に切ない。オストリーグさん・・・
・ボス戦ごとに心の成長が見えるエックスさんが良い。
・ただしキレると恐ろしい。フォルテより怖い。
・そしてなぜか時々彼が女の子に見える不思議・・・顔とポーズの問題?
・てゆかゼロ好きすぎだろうこの人・・・(笑
・心に残る名台詞多し。あ、迷台詞もか
・ゼロ先輩がいちいちキザだ。あとメット取れすぎ
・VAVAが敵ながら良いキャラしてる。

心に残った台詞は
名:「バーボンでも泥水でも大差ない」
迷:「メェェェリィィーークリスマーーース!」
あたりの有名どころもそうですが、自分の中では
1のシグマ戦「誇りを教えてもらった(長いので以下略)」
2のモスミーノス戦「涙をのんで倒した相手に申しわけない」
が心に残りました。
大きな痛み無しには先に進めない運命なエックスさん切ない・・・

有賀版がジンワリ感動するタイプだとすると
岩本版はガッと心が熱くなるタイプの漫画のような感じがします。